Anne Cartier-Bresson

  • 2010年9月15日
    Par Anne Cartier-Bresson

    KARL LAGERFELD : PARCOURS DE TRAVAIL
    VIDEO OF THE EXHIBITION

    写真の「肌感覚」
    アンヌ カルティエ ブレッソンによる、カール ラガーフェルドの写真についてのノート

    カール ラガーフェルドが写真に興味を持つようになったのは、1980年代の終わり頃ですが、当初からファッション デザイナーとしてのアートワークと写真への情熱を結びつけていたようです。彼の写真は、たとえメディアや広告用に「制作された」ものであっても、きわめて親密な印象を与えます。また、露光や焼付け(プリント)の技法を効果的に取り入れることによって、カール ラガーフェルド特有の現実の捉え方が表現されています。

    露光と焼付け(プリント)
    ニーズに応じて、カール ラガーフェルドはモノクロフィルム、小型フィルムカメラのカラーフィルム、6x6 のリバーサルフィルム、ポラロイド、そして最近ではデジタルカメラなどを使い分けています。モノクロの場合、印画紙はいつも完全なつや消しで、グラフィック性の高い仕上がり。ソリッドな黒と強いコントラストが特徴です。豊かな奥行き感は、揺れると美しく波打つ布を思わせます。とても古典的な視点によるものもあり、「ヴェルサイユ(Versailles)」シリーズなどは、19世紀の終わりから20世紀の初めにかけてのウジェーヌ アジェの視点を思い起こさせるものもあります。ここで使われているシルバーの印画紙は、現像や焼付けの手法に応じて変化する深い色調をもっています。
    従来の焼付けの方法や色彩変換(カラー トランスファー)でもたらされるセピア色は、「オスカー シュレンマーへのオマージュ(Homage to Oskar Schlemmer)」シリーズのように、ほとんど絵画的な色合いになります。この特徴は、被写体の動きによるぶれや、硫化することによって生まれる温かい色調から放たれる光でさらに際立ちます。硫化銀の粒子は特に安定性が高く、厳しい保存条件にも耐えることができます。つや消しのアルミ板に焼付ける手法を用いたその他のシリーズでは、冷たい金属のような質感によって被写体の写実性を高めると同時に、すべての色調が鮮やかに出ていて、陰影とハイライトのコントラストがはっきりとわかります。

    ポラロイド転写(ポラロイド トランスファー)
    ポラロイドフィルムのモノクロやセピア、またはカラーの場合もありますが、1990年代に入ると、カール ラガーフェルドは、現像する工程の乳剤転写(エマルジョン トランスファー)で得られる特別な素材感に興味を持つようになります。
    このために、彼は 20×25 のカメラを使いました。温水の中で乳剤面をはがし、それをアルシュ(Arches)の水彩画紙に転写することで得られる繊細な色調は、非常に絵画的な質感と最良の明度を写真にもたらします。さらにカール ラガーフェルドは、印画紙の表面に手描きでアイシャドウを塗りメークを施したり、乾燥した顔料を拭き取るという手法を用いることで、その効果をいっそう高めています。

    レジノタイプ
    アルカリ性の重クロム酸を用いた印画法から、アルフォンス ポワトヴァンはより安定した手法であるレジノタイプ(レジノピグメンタイプ)を考案し、リュイーヌ公爵賞を授与されました。カール ラガーフェルドは1996年から1997年にかけて、この手法を追求しました。彼は 6x6 のカラースライドから、重クロム酸ゼラチン層の光硬化性の原理を使ってピグメント(顔料)による印画を仕上げました。印画紙の表面にブラシで施された顔料は、加熱して定着させます。このプロセスには手作業による部分が多く、それだけ自由に表面の色を作り出すことができます。

    フレッソンプリント
    カール ラガーフェルドは顔料を用いた技法をもうひとつ使っています。これは1950年代にフレッソン一族が広めた技法で、柔らかい色調の4色画に仕上がります。完成した写真には20世紀初めに絵画主義的写真家(ピクトリアリスト)が追求したような絵画的な効果が表れています。
    カール ラガーフェルドの写真は 6x6 のカラースライドを焼付けたもので、一切フレームの修正はしていません。

    スクリーンプリント
    独特の表現を生む、この写真製版プロセスの原理は銀の性質に基づくものです。ステンシルのように、印画スクリーンの上にインクを押し出して露光します。使用するのはシルバーかゴールド、あるいは標準フォーマットのシンプルなアルシュ紙です。

    デジタルプリント
    1990年代の終わり頃に、カール ラガーフェルドは Studio 7L にある彼のラボで新たな技法を試みました。デジタルプリントからスタートしたカール ラガーフェルドは、今や、顔料インクジェットプリンタを用いて、キャンバス、表面加工したクリスタルペーパー、コットン100%のアルシュ紙やハーネミューレ(Hahnemühle)紙などの様々な手段を使い分け、ファインアート(純粋芸術)たる作品を生み出すようになりました。そうして表面や素材の質感を自由に操れるようになったのです。
    直感的な閃きをイメージすることや目に映るものへの興味と関心に突き動かされて、カール ラガーフェルドは新しい写真技術の可能性を、特にカラー、メークアップ、ボディやフェイスに重点を置いて、自身の研究に応用しています。彼は写真を通して風景や肖像(ポートレート)、ヌードに対する彼の思いをグラフィカルに表現しているのです。そのために、彼は常に官能性を表現するのに必要な感光度を備えた表現手段を選び、多様なプロセスや特別な技法による遊びを取り入れています。
    カール ラガーフェルドが写真を撮り始めた1987年から現在までに、露光や印画の技法は大きく変化しました。彼はこの変化を大いに利用しながらも、オートクチュールと同様に手作業や職人技が重要なポイントとなる写真技術にも取り組み続け、そのことがカール ラガーフェルドの写真を類まれな作品にしているのです。