• 2015年2月26日
    BOY CHANEL: THE ORIGIN OF THE NAME

    BOY CHANEL: THE ORIGIN OF THE NAME

    “Chanel had this attitude, it's the very spirit of Chanel. She'd picked it up from Boy Capel, the great love of her life... Indeed, the bag's called Boy Chanel”, explains Karl Lagerfeld.

    Photo by Delphine Achard

  • 2015年2月25日
    THE STORY OF THE ICONIC HANDBAG

    THE STORY OF THE ICONIC HANDBAG

    Initiator of a new, liberating and modern gesture, Gabrielle Chanel created a bag that she needed herself, an accessory which freed up the hands: the iconic bag of the House is born.
    Even today, the classic design still follows the first partitions dictated by Gabrielle: a chain interwoven with leather ribbon that allows to carry it on the shoulder, quilting inspired by the equestrian universe that Gabrielle Chanel loved so much, garnet leather that reminds one of the color of the uniform which Gabrielle had to wear at the Aubazine orphanage, and the regular twist clasp called the "Mademoiselle".
    Every season, Karl Lagerfeld metamorphoses the iconic bag: different materials, clasps transformed into jewels and chevron quilting enriches the legendary Chanel bag family. The iconic bag is part of an heritage that is transmitted from mother to daughter. As Chanel used to say: "Fashion becomes unfashionable, style never".

    Mademoiselle Chanel by Mike de Dulmen © CHANEL All rights reserved

  • 2015年2月25日

    MAKING OF THE ICONIC HANDBAG

    It takes 4 to 5 years for each craftsperson on the site to learn how to perfectly master the techniques necessary for the manufacture. The iconic Chanel handbag demands over 180 manufacturing operations and as many minute gestures.
    Selecting the skin requires a rigorous control, each one must be perfect. Then, the cut of each piece of the bag's body is made according to a template outlining the pattern. The points of the cut must follow the scales of an exotic skin or the patterns of a tweed. The pieces of the bag's body are then "pared down", quilted using a needle and assembled.
    First mounted flat and inside out, like a Ready-to-Wear piece, the bag takes on volume little by little. The body and base are brought together with the "bag in bag" technique: a first bag is mounted to constitute the interior and then a second for the exterior, each one assembled by hand. The craftsperson can then turn the bags inside out. The finishing touches demand several other delicate manipulations before the final control and the ritual of wrapping.

  • 2015年2月23日
    JULIANNE MOORE <BR />OSCARS 2015

    JULIANNE MOORE
    OSCARS 2015

    ジュリアン ムーア
    2月22日、ロサンゼルスで第87回アカデミー賞が開催され、映画『アリスのままで(Still Alice)』で最優秀主演女優賞を受賞した米国の女優ジュリアン ムーアが、彼女のためにカール ラガーフェルドが特別に仕立てたオートクチュール ドレスを着用しました。

  • 2015年2月23日

    CUSTOM-MADE FOR THE OSCARS
    JULIANNE MOORE'S DRESS

    カール ラガーフェルドが特別に仕立てたドレス―ホワイト オーガンザとサテン クレープのビスチェタイプのロング ドレスには、ハンドペイントが施された80,000個の小さなホワイト レジンのスパンコールが刺繍され、アイボリー、ベージュ、ブラックのオーガンザやチュール、シークインで形作られたフラワー モチーフがあしらわれています。このドレスは、27人の職人たちが965時間かけて誕生しました。

  • 2015年2月21日
    KRISTEN STEWART <BR />40TH CÉSAR CEREMONY

    KRISTEN STEWART
    40TH CÉSAR CEREMONY

    クリステン スチュワート
    第40回セザール賞の授賞式にて、米国の女優クリステン スチュワートが2015春夏 オートクチュール コレクションのドレスを着用しました。映画『クラウズ・オブ・シルス・マリア(Clouds of Sils Maria)』での演技に最優秀助演女優賞が贈られました。

  • 2015年2月20日
    FILM OF THE OPENING NIGHT <BR />FOR THE NEW BOUTIQUE IN ROME

    FILM OF THE OPENING NIGHT
    FOR THE NEW BOUTIQUE IN ROME

  • 2015年2月20日
    RIHANNA <BR />NEW YORK, FASHION WEEK

    RIHANNA
    NEW YORK, FASHION WEEK

    リアーナ
    米国の歌手リアーナが、2014/15パリ-ザルツブルク メティエダール コレクションのロング コートを着用しました。
    2月17日ニューヨーク ファッション ウィークにて

  • 2015年2月10日
    PHARRELL WILLIAMS <BR />GRAMMY AWARDS 2015

    PHARRELL WILLIAMS
    GRAMMY AWARDS 2015

    2014/15パリ-ザルツブルク メティエダール コレクションの顔を務めたファレル ウィリアムス。2月8日、ロサンゼルスで開催された第57回グラミー賞授賞式では、彼のために特別に制作されたシャネルのカスタムメイドのジャケットとバミューダ パンツを着用し、ライブ パフォーマンスを披露しました。
    大ヒットシングル『Happy』は、「最優秀ポップ ソロ パフォーマンス賞」と「最優秀アーバン コンテンポラリー アルバム賞」を受賞しています。


  • 2015年2月6日
    OPENING OF THE 2015 COMPETITION

    OPENING OF THE 2015 COMPETITION

    フランス国立モード芸術開発協会(ANDAM)が主催し、シャネルのグローバル ファッション プレジデントであるブルーノ パブロフスキーがメンターを務める、第26回ANDAM ファッション アワードの公式応募の受付が開始しました。今年度は創設以来初めて、ファッションを讃える賞が新たに設けられました。

    ANDAMは、フランスの文化省と服飾開発推進委員会(DEFI)主導のもと、若手デザイナーを支援するとともに、世界的なファッションの中心地としてパリの影響力を高めるために設立されました。ファースト コレクション アワードは、フランス国内の新進ファッション企業に国際舞台進出のきっかけを与えるために授与されるものです。またファッション アワードは、長期にわたりフランスを拠点としてビジネスを確立させる意欲があり、パリのファッション界やフランス産業の活性化に貢献しうる国内外のデザイナーに授与されます。

    「受賞者が、類まれなフランスのノウハウに触れ、パリのファッション シーンで創造性と革新性を成長させるのに必要な助言や支援を提供できることを、ANDAMのメンターとして大変うれしく思っています」とブルーノ パブロフスキーは語ります。

    シャネルは、ANDAMの2015年スポンサーとして現代ファッションの若き才能を積極的に支援します。受賞者には、自身のブランド設立に向けて、ビジネスにおける創造性と戦略の両面から指導を行っていきます。

    今年開催される第26回ANDAM ファッション アワードへの応募は2015年4月20日まで受け付けています。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. ...
  5. 20
  6. 次のページ