• 2014年11月28日
    PARIS-SALZBURG MÉTIERS D'ART SHOW

    PARIS-SALZBURG MÉTIERS D'ART SHOW

    Since 2002, Chanel's annual Métiers d'Art collection celebrates craftsmanship while putting the spotlight on cities which are linked to the House's history. Following on from Bombay, Edinburgh and Dallas, this year Karl Lagerfeld's inspiration turns to Salzburg, Austria.

    This city, with its deep appreciation for history and tradition, naturally lends itself Chanel's Métiers d'Art collection which brings to the fore the specialist atelier's unique expertise such as costume jeweller Desrues, feather dresser Lemarié, embroiderers Maison Lesage and Atelier Montex, shoemaker Massaro, milliner Michel and cashmere producer Barrie.

    The collection will be presented at the 18th century Schloss Leopoldskron, one of the most notable rococo palaces in Austria. This castle, banked on the shores of Lake Leopoldskroner Weiher, has been inextricably linked to the rich artistic and intellectual life of Salzburg's society throughout its history, and will provide a spectacular stage for the collection which will be unveiled on Tuesday, December 2nd.

    The invitation for the Métiers d'Art Paris-Salzburg show

  • 2014年11月26日
    Par Anne Combaz
    THE MÉTIERS D'ART

    THE MÉTIERS D'ART

    Shown every year in December, the Métiers d'Art collection, proposes since 2002 a Ready-to-Wear collection – outside of the official show schedule – in order to enlighten exceptional savoir-faire and the work of artisans including costume jewelry and button maker Desrues, feathers and flowers maker Lemarié, hat maker Maison Michel, shoe maker Massaro, embroiderers Lesage and Montex, and glove maker Causse.

    Every year, Karl Lagerfeld captures the history of Chanel by designating a city that’s linked to the past or present of the House and by making it the theme of his collection. Karl Lagerfeld thus celebrates the virtuosity of the above ateliers and their specialized savoir-faire while revisiting the codes of Chanel.

    The artisans skillfully interpret Karl Lagerfeld's sketches season after season with the utmost devotion. "It’s made in an artisan way, in the very best sense of that word, because in artisan there is "art". The art of doing things well. An applied art. And that is truly wonderful. I think the image of this collection is reflected through this finesse which has to be seen up close, almost touched, to understand how it is done and to really appreciate the beauty of this work," Karl Lagerfeld explains.

    Chanel is the only House to have dedicated an entirely separate collection to the Métiers d'Art in order to continue its legacy and extraordinary expertise. For more than ten years this collection has been consistently developed and now enjoys its own identity.

    Available in boutiques from May onwards, the Métiers d'Art collection, marries modernity with artisanal savoir-faire and offers clients a refined and elegant Ready-to-Wear wardrobe. The accessories – bags, shoes, costume jewelry and even buttons – are the result of the attention paid to every detail.

    The cities of Tokyo, New York, Monte-Carlo, London, Moscow, Shanghai, Byzance, Bombay, Edinburgh, Dallas and soon Salzburg, have all served as backdrop to the presentations of the Chanel Métiers d'Art collections.

    Photo by Anne Combaz

  • 2014年11月24日
    TEASER OF "REINCARNATION", THE NEW SHORT FILM BY KARL LAGERFELD

    TEASER OF "REINCARNATION", THE NEW SHORT FILM BY KARL LAGERFELD

    「Reincarnation」――2014年12月2日にザルツブルクで開催される2014/15パリ‐ザルツブルク メティエダール コレクションのためにカール ラガーフェルドが監督を務めたショートムービーのタイトルです。

    この作品は、カール ラガーフェルドの親しい友人であり、メゾンとも親交の深い、ファレル ウィリアムスとの素晴らしいコラボレーションにより実現されました。ファレル ウィリアムスはオリジナル曲である「CC The World」の作詞作曲を手がけ、さらに主演俳優のひとりとして、2014/15パリ‐ザルツブルク メティエダール コレクションのキャンペーン広告の顔となるカーラ デルヴィーニュとともに出演しています。

    カール ラガーフェルドは、ガブリエル シャネルの人生から新たなエピソードを構想しました。ジェラルディン チャップリン演じるガブリエル シャネルは1954年、ザルツブルク郊外で休暇を過ごしています。ホテルでガブリエルはファレル ウィリアムス演じる若いエレベーターボーイと出会います。彼は後にシャネルの象徴となるジャケットを身に纏っています。

    カール ラガーフェルドは次のように語りました。「シャネルのジャケットが誕生したきっかけを紹介したいと思いました。1950年代、ザルツブルク近郊のホテルでエレベーターボーイが着用していたジャケットがその起源なのです。『Reincarnation』では、エレベーターボーイの制服が女性のジャケットとして生まれ変わり、普遍的なアイテムとなるストーリーを描いています」。

    「Reincarnation」はさらに、もうひとつの時代を呼び起こします。カール ラガーフェルドが蘇らせた1950年代のある一夜は、オーストリア=ハンガリー帝国時代を想起させるものでした。

    「この作品はカーラ デルヴィーニュとジェラルディン チャップリン、そして誰よりもファレル ウィリアムスの協力がなければ成し得なかったものです。まさに完璧なキャスティングでした。ファレルは天才ですし、またジェラルディンはファッション界にカムバックするガブリエル シャネルを見事に演じました」とカールは語ります。

    「Reincarnation」は、2014/15パリ‐ザルツブルク メティエダール コレクション ショーの前夜である2014年12月1日(現地時間)にザルツブルクで初めて上映されます。また合わせてchanel.comでも公開予定です。

  • 2014年11月24日
    PHARRELL WILLIAMS & CARA DELEVINGNE, FACES OF THE NEXT MÉTIERS D'ART CAMPAIGN PARIS-SALZBURG

    PHARRELL WILLIAMS & CARA DELEVINGNE, FACES OF THE NEXT MÉTIERS D'ART CAMPAIGN PARIS-SALZBURG

    2014年12月2日、ザルツブルクで発表予定の2014/15パリ‐ザルツブルク メティエダール コレクション。広告キャンペーンは、ファレル ウィリアムスとカーラ デルヴィーニュをモデルに、カール ラガーフェルド自身が撮影を行い、2015年5月頃に公開予定です。

  • 2014年11月20日
    KRISTEN STEWART <BR />LOS ANGELES, NOVEMBER 14TH

    KRISTEN STEWART
    LOS ANGELES, NOVEMBER 14TH

    クリステン スチュワート
    ロサンゼルスで行われた第18回ハリウッド映画祭の授賞式にて、2014/15秋冬 オートクチュール コレクションのドレスを着用しました。

  • 2014年11月17日
    FOCUS ON THE CRUISE 2014/15 COLLECTION

    FOCUS ON THE CRUISE 2014/15 COLLECTION

    2014/15クルーズ コレクションのディテール
    公式サイト chanel.com

  • 2014年11月13日
    ANNE HATHAWAY <BR />SHANGHAI, NOVEMBER 10TH

    ANNE HATHAWAY
    SHANGHAI, NOVEMBER 10TH

    アン ハサウェイ
    上海で開催された映画『Interstellar』のプレミアにて、2014/15秋冬 オートクチュール コレクションのドレスを着用しました。

  • 2014年11月11日
    KEIRA KNIGHTLEY <BR />LOS ANGELES, NOVEMBER 10TH

    KEIRA KNIGHTLEY
    LOS ANGELES, NOVEMBER 10TH

    キーラ ナイトレイ
    ロサンゼルスで開催された映画『The Imitation Game』の特別試写会にて、2014/15秋冬 オートクチュール コレクションのドレスを着用しました。

  • 2014年10月31日
    EXHIBITION AGENDA: TRIBUTE TO THE MARCHESA LUISA CASATI IN VENICE

    EXHIBITION AGENDA: TRIBUTE TO THE MARCHESA LUISA CASATI IN VENICE

    「女神と称された侯爵夫人―ベルエポックから狂乱の時代までを駆け抜けたルイーザ カザーティの芸術と生涯(The Divine Marchesa. Art and Life of Luisa Casati from Belle Epoque to the spree years)」

    かつて「私は生ける芸術品でありたい」と公言していたルイーザ カザーティ スタンパ。彼女はそのエキセントリックな生涯を通して、この願いを叶えました。生きている蛇をジュエリーのように纏い、電球をネックレスにして、食事の席に蝋人形を招待し、二頭のチーターにダイアモンドの鎖をつけて歩く……20世紀初期のヨーロッパ社会はその生きざまに喝采を送りました。彼女の人生に特に重要な意味を持っていた場所、ヴェネツィアのフォルチュニイ宮で、この女神と称された侯爵夫人を初めて取り上げた意義深い展覧会が開催されています。展示されているのは、個人のコレクションや各国の美術館から借り受けた絵画やデッサン、宝石、彫刻、写真など100点以上もの作品です。

    同展は、ルイーザ カザーティ スタンパの人生を満たしていた社会と芸術の関係性を、常に対照させながら再構築するものです。半世紀にわたり、彼女は生ける伝説、「ダークレディ」、著名な美術品コレクター、そして象徴派やフォービズム、未来派、シュールレアリズムの芸術家たちのパトロンであり、ミューズでした。見る人を驚かせ、周囲をかき乱すほどの過激な生き方でモダニティを体現した彼女は、今なおアーティストや一流のクチュールメゾンにインスピレーションを与え続けています。シャネルも例外ではありません。

    会場には、カール ラガーフェルドによるスケッチと2010年クルーズ コレクションのドレスが展示されています。

    2015年3月まで開催中
    Palazzo Fortuny, San Marco 3958, 30124 Venice

    スケッチ: カール ラガーフェルド

  • 2014年10月30日
    SONG HYE-KYO <BR />HONG KONG, OCTOBER 26TH

    SONG HYE-KYO
    HONG KONG, OCTOBER 26TH

    ソン ヘギョ
    香港で行われた主演映画『My Brilliant Life』の記者発表で、2014/15クルーズ コレクションのドレスを着用しました。
    クルーズ コレクションは、11月下旬より全国のシャネルにてご紹介いたします。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. ...
  5. 20
  6. 次のページ