• 2016年5月1日
    INVITATION <BR />CRUISE 2016/17 SHOW

    INVITATION
    CRUISE 2016/17 SHOW

    Tuesday, May 3rd, 2016
    Havana, Cuba

    #ChanelCruiseCuba

  • 2016年4月30日
    BETWEEN TWO SEASONS <BR />THE CRUISE COLLECTION

    BETWEEN TWO SEASONS
    THE CRUISE COLLECTION

    The new 2016/17 collection will be presented on May 3rd in Havana by Karl Lagerfeld. Just like Gabrielle Chanel in her day, Lagerfeld has been creating these collections since 1983, and taking them abroad since 2006.

    "It’s a cosmopolitan take on local fashion", he explained at the last Cruise show in Seoul. The spirit of these collections is to conjure up images of distant horizons. They are inspired by a theme or identity that’s often associated with a new destination. There’s nothing folky or nostalgic about it; the idea is to capture the ambiance of a place, to draw inspiration from its landscapes, to be influenced by its people, its light, its culture, its colors...

    Every silhouette is a representation of a new reality mixing old and new worlds, modernity, and a personal interpretation. From this melting pot of influences, from these redefined touches, a new collection is born, between two seasons.

    #ChanelCruiseCuba

    © Buena Vista Images / Getty Images

  • 2016年4月29日

    KARL LAGERFELD'S EXHIBITION IN CUBA

    As part of the month of French culture in Cuba, Karl Lagerfeld is presenting more than 200 of his photographs in Havana before unveiling his new Cruise collection.

    The exhibition entitled "Obra en Proceso / Work in Progress" explores the diversity of photographic motifs, approaches and techniques that define Karl Lagerfeld’s subtle and highly personal interpretation of fashion, architecture and landscape. "Today, photography is part of my life. It completes the circle between my artistic and professional restlessness," explains the creator.

    April 28 to May 12, 2016, admission free
    Factoría Habana
    Calle O'Reilly, 308
    Havana, Cuba

    http://factoriahabana.com

    #ChanelCruiseCuba
    #FactoriaHabana

    © Karl Lagerfeld

  • 2016年4月20日
    TILDA SWINTON: DOUBLE TAKE

    TILDA SWINTON: DOUBLE TAKE

    ティルダ スウィントンが『マダム フィガロ』 誌で、2015/16メティエダール コレクション パリ イン ローマを着用しました。撮影は写真家のジャン バプティスト モンディーノ。

    彼女は、コーエン兄弟の最新作「ヘイル、シーザー!(Hail Caesar!)」で双子の姉妹を一人二役で演じたときのようにカメラの前でポーズをとっています。

    © Jean-Baptiste Mondino / Madame Figaro

  • 2016年4月18日
    MÉTIERS D'ART COLLECTION <BR />ANOTHER MAG

    MÉTIERS D'ART COLLECTION
    ANOTHER MAG

    リンジー ウィクソン、ヴァネッサ ムーディ、ビン ウォルトン、キキ ウィレムス
    撮影:コリン ドジソン

    メティエダール コレクションは6月中旬よりシャネル ブティックにてご紹介いたします。

    © Colin Dodgson / Another Mag

  • 2016年4月13日
    KARL

    KARL

    1983年よりシャネルのクリエイティブ ディレクターを務めているカール ラガーフェルド。

    「私が心がけているのは、過去ではなく、今のこの瞬間を映し出し表現するということ。モダンな精神こそがシャネルの真髄です。マドモアゼル シャネルが作り上げたスタイルとそのスタンスは、時代やファッションに合わせて変わっていくべきものです。時代や風潮に適応してこそ、クラシックであり続けられるという信念のもと、私の念頭にはいつも『過去の要素を展開して、よりよい未来を築く』という、大好きなゲーテの名言があります」

     

  • 2016年4月1日
    CHANEL X PEDDER ON SCOTTS <BR />OPENING

    CHANEL X PEDDER ON SCOTTS
    OPENING

    シャネルはこの度、シンガポールに初のポップアップ ストアをオープンしました。コンセプト ストア「Pedder on Scotts」の店内で特別なディスプレイと共に、2016春夏 プレタポルテ コレクションや旅にインスパイアされたアクセサリーをご紹介しています。

    ランウェイの世界観を再現したシャネルならではの空港ターミナル。客席乗務員の姿をしたマネキンが並び、ベルトコンベアには、新しく発表されたトロリー ケースやレザーグッズのコレクションがディスプレイされています。

    2016年3月24日から4月3日まで開催

    chanelxpedderonscotts.com

  • 2016年3月29日
    FRANÇOIS KOLLAR <BR />EXHIBITION IN PARIS

    FRANÇOIS KOLLAR
    EXHIBITION IN PARIS

    写真家フランソワ コラーの回顧展「A Working Eye」。彼のアートの全貌を公開するというフランスでは初めてのスケールで、1930年代から1960年代にかけてヨーロッパやアフリカで撮影された130点を超える写真と共に紹介しています。ハンガリー出身で、特に労働をテーマとするルポルタージュの分野では、20世紀のフランスを代表する偉大な写真家の一人です。

    広告用写真でキャリアをスタートさせたフランソワ コラーは、長年「ハーパース バザー」などの雑誌撮影を担当し、1946年までに200点以上のファッション写真やポートレートを発表しています。モデルの撮影や一流メゾンの広告、マドモアゼル シャネルをはじめとするファッション界の中心人物の撮影を手掛けた彼は、バックライティング、ダブル エクスポージャー(多重露出)、スーパーインポーズ、ソラリゼーションなどの新しい技法を次々と取り入れ、オリジナリティに富んだ構図を試みました。鏡の効果を利用した写真もあり、その一枚が、カンボン通りのシャネル ブティックの階段で撮影されたこの写真です。

    コラーのキャリアを年代順に辿る展示は、初期の実験的な作品に始まり、広告やファッションの作品へと続きます。回顧展の中心は1930年代の変わりゆく労働の世界を捉えたルポルタージュ写真で、1950~1960年代に当時のフランス領西アフリカやフランスの労働者を撮影した写真のシリーズが展示を締めくくっています。

    Jeu de Paume
    1, Place de la Concorde, 75008 Paris
    2016年2月9日~5月22日

    フランソワ コラー 「シャネルの階段で」 1937年 / 回顧展での展示 Alice Sidoli © Jeu de Paume, 2016

  • 2016年3月25日
    SILVER TWEED

    SILVER TWEED

    2016春夏 コレクションのシルバー ツイードは空の旅の世界にインスパイアされたもの。

    クラシック ツイードであれば1日でおよそ200メートルの布地を織ることができますが、シルバー ツイードの場合はわずか7メートル。きわめて緻密な手仕事を必要とする特別な素材であることがわかります。

    © Julien Mignot

  • 2016年3月24日
    JERSEY

    JERSEY

    「ジャージーは質素でありながら、最も扱いが難しい布地のひとつです。もちろん、よく知っています。それでも、私は挑戦しました」*と、かつてマドモアゼル シャネルは語っていました。

    1913年に早くもジャージー素材に着目したマドモアゼル シャネル。もともとジャージーは、主に男性用の下着や船乗りのTシャツに用いられていた「目立たない」機械編みの素材でした。しかし瞬く間に、ジャージーはマドモアゼルの成功に欠かせない存在になります。最初のデザインを発表してからわずか3年後には、ある米国人ジャーナリストが、「シャネルは彼女自身の美学を極めています。そして、その根幹を担っているのがジャージーです」とコメントしています。

    一般的に、ニット素材のジャージーは柔らかすぎるため、体にフィットするデザインには向かないと考えられていましたが、彼女はそこに惹かれました。快適で流れ落ちるようなラインを描くジャージーは、着心地の良さを追求していたマドモアゼル シャネルにとって最高の素材だったのです。こうして、女性のシルエットへの新たなアプローチは、絶大な支持を得ていきました。

    *ポール モラン著「The Allure of Chanel」p52から引用したマドモアゼル シャネルの言葉 (Pushkin Press, 2013)

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. ...
  5. 24
  6. 次のページ