• 2016年12月7日
    Par Anne Combaz

    MOOD OF THE SHOW

    2016/17メティエダール コレクション パリ コスモポライト

    © Anne Combaz

  • 2016年12月6日
    SHOW FINALE

    SHOW FINALE

    ショーのフィナーレ
    2016/17メティエダール コレクション パリ コスモポライト

    #ChanelMetiersdArt

    © Olivier Saillant

  • 2016年12月6日
    RITZ PARIS HOTEL <BR />THE SHOW VENUE

    RITZ PARIS HOTEL
    THE SHOW VENUE

    © Olivier Saillant

  • 2016年12月6日

    SHOOTING OF THE PRESS KIT

    2016/17メティエダール コレクション パリ コスモポライト
    プレスキット メイキング

    © Olivier Saillant

  • 2016年12月6日
    SILHOUETTES OF THE COLLECTION

    SILHOUETTES OF THE COLLECTION

    2016/17メティエダール コレクション パリ コスモポライトのプレスキット
    撮影: カール ラガーフェルド

    プレスキットの写真は chanel.com にてご覧いただけます。

  • 2016年12月5日
    KRISTEN STEWART <BR />FOR VOGUE PARIS

    KRISTEN STEWART
    FOR VOGUE PARIS

    米国の女優であり、シャネルのアンバサダーでもあるクリステン スチュワート。リッツ パリでカール ラガーフェルドにより撮影されたファッション ストーリーが、Vogue Paris 12月号/1月号に掲載されます。

    © Karl Lagerfeld for Vogue Paris

  • 2016年12月5日
    INSIDE GABRIELLE CHANEL'S SUITE

    INSIDE GABRIELLE CHANEL'S SUITE

    コロマンデル屏風
    「リッツで暮らし始めて数ヶ月になるマドモアゼル シャネルは、シンプルな屏風と花で部屋を彩り、落ち着ける雰囲気を作り出しています」ヴォーグ パリ

    調度品
    部屋には、ゴッサンスがデザインしたテーブルや、ソファ、金張りのミラー、クリスタルのランプなど、マドモアゼル シャネルがフォーブル サントノーレ通り29番地の自宅から持ち込んだ調度品がしつらえられました。

    絵画
    ジャン コクトーやクリスチャン ベラールの絵は、マドモアゼル シャネルのデザイナーとしての人生を寓話的に表現するもので、当時、創造的な精神が彼女を取り巻いていたことを思い起こさせます。

    ヴェルメイユ ボックス
    「ドレッサーには、ウェストミンスター公爵から贈られたヴェルメイユのボックスとブラシ、シャモアクロスにその日に身につけるジュエリーを置いていました」

    イザベル フィメイエ著「Chanel Intime」(Flammarion)より抜粋

    © François Kollar – French Culture Ministry – Heritage library

  • 2016年12月5日
    "THE RITZ HOTEL IS MY HOME"

    "THE RITZ HOTEL IS MY HOME"

    1937年、フランソワ コラーはリッツ パリのスイートでマドモアゼル シャネルの撮影を行いました。この写真は1937年に初めて公開され、デザイナーであるマドモアゼル シャネル自身を起用した唯一のシャネルN°5の広告キャンペーンに用いられました。

    マドモアゼル シャネの言葉より

    © François Kollar – French Culture Ministry – Heritage library

  • 2016年12月5日
    CHANEL TAKES UP RESIDENCE <BR />IN LE MARAIS

    CHANEL TAKES UP RESIDENCE
    IN LE MARAIS

    シャネルの新しいファッション ブティックが、マレ地区のヴィエイユ デュ タンプル通り47番地(rue Vieille du Temple)にある独特の雰囲気を湛えた邸宅 Hôtel Amelot de Bisseuil にオープンしました。

    時代の面影が色濃く残る空間のなかで、ガラスやコールテン鋼、木材といった素材が、この歴史的な建物の無機質な急進性の印象を高めています。ブティックでは、クルーズ コレクションと秋冬コレクションから、プレタポルテ、アクセサリー、シューズをご紹介しています。

    シャネル期間限定ブティック
    11:00-19:00
    47, rue Vieille du Temple 75004 Paris

    © Olivier Saillant

  • 2016年12月2日
    CHANEL IN PARIS

    CHANEL IN PARIS

    29, rue du Faubourg Saint-Honoré (フォーブル サントノーレ通り29番地)
    マドモアゼル シャネルがリッツ パリを生涯の住まいと定める前に暮らしていた邸宅。1932年に初めてのハイジュエリー コレクション「Bijoux de Diamants」(ダイヤモンド ジュエリー)を発表したエキシビションの会場にもなりました。

    25, rue Royale (ロワイヤル通り25番地)
    シャネルのブティックは、ロワイヤル通りとボワシー ダングラ通りを結ぶパサージュにあります。

    31, rue Cambon (カンボン通り31番地)
    オートクチュールのアトリエ、マドモアゼル シャネルのアパルトマン、そしてスタジオを構えています。

    21, rue Cambon (カンボン通り21番地)
    シャネルの最初のブティックは、1910年に帽子専門店としてこの地にオープンしました。

    18, place Vendôme (ヴァンドーム広場18番地)
    1997年にハイジュエリー ブティックがープンしました。

    15, place Vendôme (ヴァンドーム広場15番地)
    1898年にセザール リッツが創設したホテル リッツ パリ。マドモアゼル シャネルは1937年から1971年まで、ここを住まいとしました。

  1. 前のページ
  2. 1
  3. 2
  4. 3
  5. 4
  6. ...
  7. 25
  8. 次のページ