• 2014年11月28日
    PARIS-SALZBURG MÉTIERS D'ART SHOW

    PARIS-SALZBURG MÉTIERS D'ART SHOW

    シャネルの歴史に縁の深い都市をテーマに掲げ、卓越した職人技術を讃えるメティエダール コレクションを、シャネルは2002年以降、毎年発表してきました。ボンベイ、エディンバラ、ダラスに続いて今年、カール ラガーフェルドが選んだ都市はオーストリアのザルツブルクです。

    コスチューム ジュエリーのデリュ、羽根細工のルマリエ、刺繍のルサージュと モンテックス、靴のマサロ、帽子のメゾン ミッシェル、そしてカシミヤのバリー……さまざまなアトリエの類い稀な技巧によって生み出されるシャネルのメティエダール コレクションの舞台に、歴史と伝統を重んじてきたザルツブルクが選ばれたのはごく自然ななりゆきといえるでしょう。

    コレクションが発表されるのは、オーストリアで最も有名な宮殿のひとつである、ロココ様式が美しいレオポルツクロン城。18世紀に湖のほとりに建設され、ザルツブルクの芸術的で知的な社交界と密接に結びついてきたこの城が、12月2日火曜日(現地時間)、コレクションの発表を華やかに演出します。

    パリ‐ザルツブルク メティエダール コレクション ショーの招待状

  • 2014年11月26日
    Par Anne Combaz
    THE MÉTIERS D'ART

    THE MÉTIERS D'ART

    3シーズンのプレタポルテ コレクションとは別に、シャネルが2002年以降、毎年12月に発表しているメティエダール コレクション。コスチューム ジュエリーとボタンのデリュ、羽根細工やカメリアのルマリエ、帽子のメゾン ミッシェル、靴のマサロ、刺繍のルサージュとモンテックス、そしてグローブのコースなどのアトリエによる、類い稀な職人技術と作品の数々がこのコレクションで披露されます。

    カール ラガーフェルドは毎年、シャネルの過去または現在と結びつきのある都市をコレクションのテーマに掲げ、シャネルの歴史を表現しています。シャネルの本質を紐解きながら、それぞれのアトリエが受け継いできた高度な技術とその卓越した技巧を讃えています。

    毎シーズン、職人たちは全精力を傾けて、カール ラガーフェルドが描いたスケッチを見事な作品に仕上げていきます。「職人(artisan)という言葉にはartが含まれていますが、彼らはこの言葉を最高の形で体現しています。ものづくりの技巧。アイディアを形にする芸術。実に素晴らしいことです。このコレクションのイメージは、こうした職人の技に裏打ちされています。作品を理解し、本当の意味でその美しさを堪能するには、触れられるほど近くで見ていただく必要があるでしょう」とカール ラガーフェルドは語ります。

    シャネルは、メティエダールの伝統とその貴重な専門技術を継承する特別なコレクションを発表してきた唯一のメゾンです。10年以上にわたり常に進化を遂げてきたコレクションは、今では独自の個性をまとうものとなっています。

    モダニティと職人技術の融合による優雅で洗練されたプレタポルテのワードローブ。メティエダール コレクションは、5月頃よりシャネル ブティックでご紹介しています。バッグやシューズ、コスチューム ジュエリー、さらにはボタンにいたるまで、アクセサリーのあらゆるディテールに精緻な仕上げが施されています。

    東京、ニューヨーク、モンテカルロ、ロンドン、モスクワ、上海、ビザンス、ボンベイ、エディンバラ、ダラス……。そして今回は、ザルツブルクがシャネルのメティエダール コレクションの舞台となります。

    Photo by Anne Combaz

  • 2014年11月24日
    TEASER OF "REINCARNATION", THE NEW SHORT FILM BY KARL LAGERFELD

    TEASER OF "REINCARNATION", THE NEW SHORT FILM BY KARL LAGERFELD

    「Reincarnation」――2014年12月2日にザルツブルクで開催される2014/15パリ‐ザルツブルク メティエダール コレクションのためにカール ラガーフェルドが監督を務めたショートムービーのタイトルです。

    この作品は、カール ラガーフェルドの親しい友人であり、メゾンとも親交の深い、ファレル ウィリアムスとの素晴らしいコラボレーションにより実現されました。ファレル ウィリアムスはオリジナル曲である「CC The World」の作詞作曲を手がけ、さらに主演俳優のひとりとして、2014/15パリ‐ザルツブルク メティエダール コレクションのキャンペーン広告の顔となるカーラ デルヴィーニュとともに出演しています。

    カール ラガーフェルドは、ガブリエル シャネルの人生から新たなエピソードを構想しました。ジェラルディン チャップリン演じるガブリエル シャネルは1954年、ザルツブルク郊外で休暇を過ごしています。ホテルでガブリエルはファレル ウィリアムス演じる若いエレベーターボーイと出会います。彼は後にシャネルの象徴となるジャケットを身に纏っています。

    カール ラガーフェルドは次のように語りました。「シャネルのジャケットが誕生したきっかけを紹介したいと思いました。1950年代、ザルツブルク近郊のホテルでエレベーターボーイが着用していたジャケットがその起源なのです。『Reincarnation』では、エレベーターボーイの制服が女性のジャケットとして生まれ変わり、普遍的なアイテムとなるストーリーを描いています」。

    「Reincarnation」はさらに、もうひとつの時代を呼び起こします。カール ラガーフェルドが蘇らせた1950年代のある一夜は、オーストリア=ハンガリー帝国時代を想起させるものでした。

    「この作品はカーラ デルヴィーニュとジェラルディン チャップリン、そして誰よりもファレル ウィリアムスの協力がなければ成し得なかったものです。まさに完璧なキャスティングでした。ファレルは天才ですし、またジェラルディンはファッション界にカムバックするガブリエル シャネルを見事に演じました」とカールは語ります。

    「Reincarnation」は、2014/15パリ‐ザルツブルク メティエダール コレクション ショーの前夜である2014年12月1日(現地時間)にザルツブルクで初めて上映されます。また合わせてchanel.comでも公開予定です。

  • 2014年11月24日
    PHARRELL WILLIAMS & CARA DELEVINGNE, FACES OF THE NEXT MÉTIERS D'ART CAMPAIGN PARIS-SALZBURG

    PHARRELL WILLIAMS & CARA DELEVINGNE, FACES OF THE NEXT MÉTIERS D'ART CAMPAIGN PARIS-SALZBURG

    2014年12月2日、ザルツブルクで発表予定の2014/15パリ‐ザルツブルク メティエダール コレクション。広告キャンペーンは、ファレル ウィリアムスとカーラ デルヴィーニュをモデルに、カール ラガーフェルド自身が撮影を行い、2015年5月頃に公開予定です。

  • 2014年11月20日
    KRISTEN STEWART <BR />LOS ANGELES, NOVEMBER 14TH

    KRISTEN STEWART
    LOS ANGELES, NOVEMBER 14TH

    クリステン スチュワート
    ロサンゼルスで行われた第18回ハリウッド映画祭の授賞式にて、2014/15秋冬 オートクチュール コレクションのドレスを着用しました。

  • 2014年11月17日
    FOCUS ON THE CRUISE 2014/15 COLLECTION

    FOCUS ON THE CRUISE 2014/15 COLLECTION

    2014/15クルーズ コレクションのディテール
    公式サイト chanel.com

  • 2014年11月13日
    ANNE HATHAWAY <BR />SHANGHAI, NOVEMBER 10TH

    ANNE HATHAWAY
    SHANGHAI, NOVEMBER 10TH

    アン ハサウェイ
    上海で開催された映画『Interstellar』のプレミアにて、2014/15秋冬 オートクチュール コレクションのドレスを着用しました。

  • 2014年11月11日
    KEIRA KNIGHTLEY <BR />LOS ANGELES, NOVEMBER 10TH

    KEIRA KNIGHTLEY
    LOS ANGELES, NOVEMBER 10TH

    キーラ ナイトレイ
    ロサンゼルスで開催された映画『The Imitation Game』の特別試写会にて、2014/15秋冬 オートクチュール コレクションのドレスを着用しました。

  • 2014年10月31日
    EXHIBITION AGENDA: TRIBUTE TO THE MARCHESA LUISA CASATI IN VENICE

    EXHIBITION AGENDA: TRIBUTE TO THE MARCHESA LUISA CASATI IN VENICE

    「女神と称された侯爵夫人―ベルエポックから狂乱の時代までを駆け抜けたルイーザ カザーティの芸術と生涯(The Divine Marchesa. Art and Life of Luisa Casati from Belle Epoque to the spree years)」

    かつて「私は生ける芸術品でありたい」と公言していたルイーザ カザーティ スタンパ。彼女はそのエキセントリックな生涯を通して、この願いを叶えました。生きている蛇をジュエリーのように纏い、電球をネックレスにして、食事の席に蝋人形を招待し、二頭のチーターにダイアモンドの鎖をつけて歩く……20世紀初期のヨーロッパ社会はその生きざまに喝采を送りました。彼女の人生に特に重要な意味を持っていた場所、ヴェネツィアのフォルチュニイ宮で、この女神と称された侯爵夫人を初めて取り上げた意義深い展覧会が開催されています。展示されているのは、個人のコレクションや各国の美術館から借り受けた絵画やデッサン、宝石、彫刻、写真など100点以上もの作品です。

    同展は、ルイーザ カザーティ スタンパの人生を満たしていた社会と芸術の関係性を、常に対照させながら再構築するものです。半世紀にわたり、彼女は生ける伝説、「ダークレディ」、著名な美術品コレクター、そして象徴派やフォービズム、未来派、シュールレアリズムの芸術家たちのパトロンであり、ミューズでした。見る人を驚かせ、周囲をかき乱すほどの過激な生き方でモダニティを体現した彼女は、今なおアーティストや一流のクチュールメゾンにインスピレーションを与え続けています。シャネルも例外ではありません。

    会場には、カール ラガーフェルドによるスケッチと2010年クルーズ コレクションのドレスが展示されています。

    2015年3月まで開催中
    Palazzo Fortuny, San Marco 3958, 30124 Venice

    スケッチ: カール ラガーフェルド

  • 2014年10月30日
    SONG HYE-KYO <BR />HONG KONG, OCTOBER 26TH

    SONG HYE-KYO
    HONG KONG, OCTOBER 26TH

    ソン ヘギョ
    香港で行われた主演映画『My Brilliant Life』の記者発表で、2014/15クルーズ コレクションのドレスを着用しました。
    クルーズ コレクションは、11月下旬より全国のシャネルにてご紹介いたします。

  1. 前のページ
  2. 1
  3. 2
  4. 3
  5. 4
  6. 5
  7. ...
  8. 19
  9. 次のページ