• 2016年12月5日
    CHANEL TAKES UP RESIDENCE <BR />IN LE MARAIS

    CHANEL TAKES UP RESIDENCE
    IN LE MARAIS

    シャネルの新しいファッション ブティックが、マレ地区のヴィエイユ デュ タンプル通り47番地(rue Vieille du Temple)にある独特の雰囲気を湛えた邸宅 Hôtel Amelot de Bisseuil にオープンしました。

    時代の面影が色濃く残る空間のなかで、ガラスやコールテン鋼、木材といった素材が、この歴史的な建物の無機質な急進性の印象を高めています。ブティックでは、クルーズ コレクションと秋冬コレクションから、プレタポルテ、アクセサリー、シューズをご紹介しています。

    シャネル期間限定ブティック
    11:00-19:00
    47, rue Vieille du Temple 75004 Paris

    © Olivier Saillant

  • 2016年12月2日
    CHANEL IN PARIS

    CHANEL IN PARIS

    29, rue du Faubourg Saint-Honoré (フォーブル サントノーレ通り29番地)
    マドモアゼル シャネルがリッツ パリを生涯の住まいと定める前に暮らしていた邸宅。1932年に初めてのハイジュエリー コレクション「Bijoux de Diamants」(ダイヤモンド ジュエリー)を発表したエキシビションの会場にもなりました。

    25, rue Royale (ロワイヤル通り25番地)
    シャネルのブティックは、ロワイヤル通りとボワシー ダングラ通りを結ぶパサージュにあります。

    31, rue Cambon (カンボン通り31番地)
    オートクチュールのアトリエ、マドモアゼル シャネルのアパルトマン、そしてスタジオを構えています。

    21, rue Cambon (カンボン通り21番地)
    シャネルの最初のブティックは、1910年に帽子専門店としてこの地にオープンしました。

    18, place Vendôme (ヴァンドーム広場18番地)
    1997年にハイジュエリー ブティックがープンしました。

    15, place Vendôme (ヴァンドーム広場15番地)
    1898年にセザール リッツが創設したホテル リッツ パリ。マドモアゼル シャネルは1937年から1971年まで、ここを住まいとしました。

  • 2016年12月2日
    A DAY AT THE RITZ PARIS <BR />WITH GABRIELLE CHANEL

    A DAY AT THE RITZ PARIS
    WITH GABRIELLE CHANEL

    リッツ パリのスイートを出ると、メインロビーではなくコンシェルジュのオフィスを通って外出するのがマドモアゼル シャネルの日課でした。向かう先は、歩いてすぐのカンボン通り31番地。ブティックとオートクチュールのアトリエ、シャネルの中枢を構えた象徴的なアドレスです。

    道すがら、フォーブル サントノーレ通りにあるアパルトマンの前を通ります。ここは、マドモアゼルがリッツ パリで自由な生活を始める前に住んでいた場所。その後、快適で仕事場からも近いリッツを選んだのは、お気に入りの家具や絵画、オブジェなどで部屋を自由に装飾できたことも理由のひとつでした。

    リッツはマドモアゼル シャネルの日常の中心にありました。ランチにはリッツに戻り、レストラン「エスパドン」へ。このホテルは生活空間でありながら、時間帯によって、安息の場にも、心が躍るエネルギッシュな空間にもなりました。和やかな雰囲気のもと、一夜ごとに新たな発見がもたらされるディナーは、ミシア セールやサルバドール ダリ、ジャン コクトーといった親しい友人たちと過ごす時間でもありました。

    Angelo Cirimele

    © Karl Lagerfeld

  • 2016年11月29日
    CRUISE MINAUDIERE

    CRUISE MINAUDIERE

    2016/17クルーズ コレクションをご紹介しています。
    chanel.com

    © Kristy Sparow

  • 2016年11月26日
    VOGUE PARIS INVITES <BR />KARL LAGERFELD

    VOGUE PARIS INVITES
    KARL LAGERFELD

    カール ラガーフェルドが12月5日発売の「Vogue Paris」クリスマス号のゲストエディターを務めました。

  • 2016年11月24日
    CDMDIARY.COM <BR />BY CAROLINE DE MAIGRET

    CDMDIARY.COM
    BY CAROLINE DE MAIGRET

    シャネルのアンバサダーでありスポークスパーソンでもあるキャロリーヌ ドゥ メグレ。モデルだけではなく、プロデューサー、作家、フォトグラファーとしても活躍する唯一無二のそのスタイルに魅了され、カール ラガーフェルドは、1998年にオペラ バスティーユで開催したショーのモデルに彼女を起用して以来、これまでにたくさんの仕事を共にしてきました。

    そんな彼女の類稀なライフスタイルにフォーカスしたウェブサイト「CdMdiary by Caroline de Maigret」が、シャネルとのパートナーシップの一環として制作されました。

    ウェブサイトのローンチに際し、パリのモンテーニュ通り51番地のブティックでは、シャネルのアンバサダーであるキャロリーヌ ドゥ メグレ自身によるワークショップが開催され、彼女のワードローブに欠かせないアイテムの数も紹介されました。

    「CdMdiary by Caroline de Maigret」: www.cdmdiary.com


    #ChanelStyleSessions

    © Anne Combaz

  • 2016年11月23日
    LILY-ROSE DEPP <BR />CRUISE COLLECTION

    LILY-ROSE DEPP
    CRUISE COLLECTION

    2016/17クルーズ コレクションのアンサンブルを纏ったリリー=ローズ デップ。
    巧みな職人技から生み出された、ブレードの細いストライプとレザーのタッセルが織りなすタータンのモチーフ。

    

© fh studio

  • 2016年11月22日
    THE BERET

    THE BERET

    2016/17クルーズ コレクションでカール ラガーフェルドが発表した、スパンコールとブローチが施されたブラック ベレー。

    

© Pari Dukovic

  • 2016年11月21日

    G-DRAGON & THE DERBY SHOES

    韓国の歌手でありシンガーソングライター、そしてシャネルのアンバサダーでもあるG-DRAGON。2016/17クルーズ コレクションのバイカラー ダービーシューズを履いたり並べたりする様子をスナップショットで披露しています。

  • 2016年11月16日
    "HAIR BY SAM MCKNIGHT" <BR />EXHIBITION IN LONDON

    "HAIR BY SAM MCKNIGHT"
    EXHIBITION IN LONDON

    ヘア スタイリストとして輝かしい活躍を続けるサム マックナイト。シャネルの長年にわたるパートナーであり友人でもある彼は、カール ラガーフェルドのショーやキャンペーンでも、さまざまなヘア スタイルを生み出してきました。

    世界の一流デザイナーたちと仕事をしてきたサム マックナイトのキャリアを振り返る展覧会がロンドンで開催されています。シャネルのために彼が作り出してきたヘア スタイルの特別展示もあります。過去のオートクチュールやプレタポルテ コレクションをまとった9体のマネキンのヘアスタイルは、サム マックナイト自身が当時のままに再現したものです。

    開催期間: 2016年11月2日~2017年3月12日
    サマセット ハウス エンバンクメント ギャラリー
    Embankment Galleries, Somerset House

    © Somerset House 2016 - Peter Macdiarmid

  1. 前のページ
  2. 1
  3. ...
  4. 3
  5. 4
  6. 5
  7. 6
  8. 7
  9. ...
  10. 26
  11. 次のページ