2017年12月18日
in the-places. (Last updated: 2017年12月21日)
MADAME D'ORA <BR />RETROSPECTIVE IN HAMBURG

MADAME D'ORA
RETROSPECTIVE IN HAMBURG

12月21日よりハンブルク美術工芸博物館(MKG)にて、マダム ドラ(Madame d’Ora)の名で活動したオーストリアの写真家、ドラ カルムスの世界初の回顧展が開催されます。1920年代にパリのアートシーンの一翼を担ったドラ カルムス。雑誌がイラストに代わって写真を載せるようになった時代におけるファッション写真のパイオニアでした。

ドラ カルムスは、ウィーンやパリで社会の規範にとらわれない芸術家のコミュニティや裕福なブルジョワジーを撮影し、斬新な手法や躍動感のあるポートレートが高く評価されました。さまざまなジャンルにわたるコスモポリタンな作品は、当時のアバンギャルドな流行を反映したもので、その影響は、今回出展されているガブリエル シャネルのポートレートやシャネルのコレクションを撮影した作品にも見てとれます。回顧展では、オリジナルプリントや、ガブリエル シャネル自身がデザインした衣装にも光を当てています。

Madame d’Ora. Make Me Beautiful!
12月21日から3月18日まで
Museum für Kunst und Gewerbe
Steintorplatz, 20099 Hamburg, Germany
mkg-hamburg.de

© Nachlass Madame d’Ora, Museum für Kunst und Gewerbe Hamburg